ホテルミラコスタ テラスルーム ハーバービュー② お部屋編

2011年8月4日(木) ミラコスタ テラスルーム ハーバービュー


ミラコスタに宿泊が決まって以来、毎日のようにネットをチェックし、
テラスルームについて調べていました。
その結果、7部屋のハバテラのうち、泊まってみたい部屋が3部屋に絞られました。

下の画像だと観にくいかもしれませんが、②、③、⑥


画像画像
画像


②屋根付きのお部屋

HPで紹介されているお部屋

⑥プロメテウス火山だけでなく、SSコロンビア、タワーオブテラー、リドアイルなどが見えるお部屋


更に、テラスのサクが細いこと。
柵がコンクリートでできたおしゃれなものだと、椅子に座った時に外の景色が観辛いと言う話を聞いていたからです。
#⑦は教会があるために、景観がイマイチらしく、除外です。


そして、予約のときに、サクの細い部屋でお願いしたいと伝えていたのです。
ミラコスタのお部屋は、選べない!というのは知ってましたが、そこはおばちゃん。
一度きりの宿泊になると思われたので、言うだけ言ってみました。

もちろん答えは、ほぼNG。

「ご希望に添えるかどうかは分かりませんが、予約に記載させていただきます。
あまりご期待なさらないようお願いしますね。」

とのことでした。


さてさて、サローネデスクでのチェックインが進み、着席でのチェックインで、更にミラコスタラバーになってしまった私。

いよいよルームキーが渡されます。


画像



キャストさんのおっしゃったお部屋番号は「5141号室⑥」。


実は、ちょっとガッカリ。

それは、屋根付きのお部屋②でも、HPで紹介されたお部屋③じゃなかったから。

でもでも、ちょっと待てよ?

今回アサインされた、5141号室⑥のお部屋は、いろんな景色、プロメテウス火山&SSコロンビア、TOT、リドアイル、ポンテベッキオなどが
楽しめるから、もしかしたら一番いいお部屋なんじゃないの?

サローネからも一番近いって言うし。

また、②、③の下層階は、ピアッツァビューで、テラスに出て、左を見ないと火山やハーバーの全景が観れないし。




そんな風に自分に言い聞かせながら、長い廊下をひたすら歩く。
サローネから近い方だと聞いていたけど、テラスルームはやっぱり遠い。
ハーバーの中央まで行くのだから仕方ないけど、いつまでも続く長い廊下をドキドキしながら歩く歩く。


画像


こちらになります、とキャストさんの足が止まった。
とても良いお部屋ですよ~。

画像
画像



中へ入ると、カーテンが閉まっていて夜みたい。
キャストさんは「強い日差しをさえぎるために、カーテンを閉めさせて頂いております」
と、おっしゃったけど、ゲストを喜ばせるための演出じゃないかと思っちゃった。


そして、キャストさんがカーテンを開けてくださった。


画像


あまりの素晴らしい景色に、声を出してしまったくらい。

お部屋の説明を聞きたいのだけど、それより早くテラスに出たいよーと言う衝動を抑えるのが大変。
子供のようにはしゃいでいますが、何か

ここは、お部屋の入り口。

画像


このあたりの部屋になります。
画像


リビング

画像




画像





テーブルには、ミッキーからのBDカードと、スペチアーレのカテゴリーにだけ置いてあるミッキーの花かご。
こちらは持ち帰りOK!超可愛い~。



リビングの奥は、ベッドルーム
画像


画像


ベットカバーは、シックだけど鮮やかなブルー。
ピノキオがいました。


画像



その更に奥は、バスルーム

画像



画像


ジェットバスのついているバスタブ
夜は、泡ぶろを楽しめそう。

画像


画像



バスタブからシャワーブースへの移動がちょっと微妙。滑って転びそうだよね。
やっぱお風呂は洗い場がないと~。
こんな素敵なホテルへ来て、お風呂とか言っちゃうあたり、日本人ですが、何か


次は、テラス&眺望(昼間)編です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

まみぞう
2011年08月13日 13:01
キャー素敵
私も行ってきたばかりのシーだからより興奮!
憧れのミラコスタの内部が詳しく分かって、楽しいわぁ~!
あぁ、早く続きをアップして!!
2011年08月13日 13:06
まみぞうも、お天気に恵まれて、本当に良かったね。
画像が多すぎて、次の回をアップするまでにはもう少し時間がかかりそうだわ~。
でも、楽しみにしててくれて嬉しいな、ありがとう。